無料トライアルを開始

パスワード セキュリティに関するヒント:

  • 6 文字以上を使用してください
  • アルファベットと数字を組み合わせて使用してください
  • 小文字と大文字を組み合わせて使用してください
  • 特殊文字 (@ など) を使用してください

新しい連絡先の検索機能

高精度のセグメンテーションとターゲット設定 — すべてを一元管理

複数の条件を組み合わせて高精度なセグメンテーションを行い、
適合性・関連性、エンゲージメント、コンバージョンの向上を
目的としたマーケティングキャンペーンを作成します。

さらにシンプルになった操作環境

シンプルな単一画面で、簡単にサブスクライバーを特定し、その詳細を表示および変更できます。

詳細検索では、ターゲットを絞って厳密に連絡先グループを限定し、各グループのニーズとプロフィールに適した魅力的な特別オファーを提供できます。

まず、1 つまたは複数のキャンペーンから連絡先を選択し、日付範囲を指定します。 現在のオートレスポンダー シーケンス内の連絡先を含めるかどうかを示します。

ターゲットを絞ったサブスクライバーセグメントの作成。

条件ツールで検索を絞り込み、地理的位置、サブスクリプションの方法と日付、統計データなどの特性を共有するサブスクライバーを特定します。

あるいは、受信トレイ内の処理を基に絞り込むこともできます。 例えば、特定のメッセージを未開封の連絡先、シーケンス内の時間ベースのオートレスポンダーを一定数受け取った連絡先などを対象とすることができます。

連絡先の検索で使用可能な検索条件を参照

条件グループを追加し、グループ間の関係を定義して、複雑な検索を作成します。

検索を絞り込むと、直ちに検索結果の合計数がカウンターに表示されます。 セグメントに問題がなければ、[連絡先の表示] を選択し、特定された連絡先を対象に追加処理を適用します。

一元的なサブスクライバー管理。

検索を保存しておくと、後で再び開いて、セグメンテーションの詳細を変更できます。 新しい連絡先の検索ツールでは、サブスクライバー管理の全オプションに簡単にアクセスできます。

以前は複数のタブからアクセスしなければならなかったこれらのオプションに、新しい連絡先の検索ツールから直接アクセスできるようになりました。 その結果、次のような操作も実行可能になりました。

  • キャンペーン間で連絡先をコピー/移動する。
  • 保存済み検索でサブスクライバーにカスタム フィールドを追加する。
  • 検索結果を一般的なファイル形式でエクスポートする。
  • 特定の検索受信者にメールを送信する。

さらに、セグメント全体または各サブスクライバーにアクションを割り当て、検索レベルのまま、メッセージのコピー、移動、削除ができる他、 特定の連絡先宛にメッセージを送信することも可能です。

新しい連絡先の検索パネルでは、サブスクライバーの全詳細 (オートレスポンダー シーケンスの日、サブスクライバーのソース、ステータス、および種類など) も表示できます。 登録解除済み、ブラックリストに追加済み、削除済み、未承認、配信不可の連絡先を参照したり、有効なサブスクライバーだけを選択したり、簡単なクリック操作で実行できます。

連絡先の一元管理により、キャンペーンの適合性と効果を最大化できます。

すべての機能を表示

GetResponse機能一覧